こどものページ

おすすめのほん

赤ちゃんから絵本を
―読み聞かせは心のふれあい 絵本によるかたりかけを ご家庭に―

「あかちゃんから絵本を」表紙


赤ちゃん誕生おめでとうございます

赤ちゃんに絵本を読んであげてください。 「えっ、赤ちゃんに?」と、驚かれる方もいらっしゃるでしょうが、美しい絵とことばでえがかれた絵本を、大好きな人(おかあさんやおとうさん)に読んでもらうことは、赤ちゃんにとって、わくわくする楽しい体験なのです。 私たち大人も、ことばを知らないうちからあやしたり、名まえをよんだり、何かを話しかけずにはいられないのがあかちゃん。幼い者たちへの自然な語りかけが、「こもりうた」や「わらべうた」であったのかもしれません。絵本を読むことは、その延長にあります。 豊かなことばの体験を赤ちゃんに与えてください。

読んでみませんか?

『あかちゃんのうた』
松谷みよ子/文 岩崎ちひろ/絵
童心社
あかちゃんのうた おかあさんが赤ちゃんに語りかけたことばを絵本にしました。
これは親になる大人が読む絵本。
岩崎ちひろさんの淡い色調の絵もすてきです。

どのくらいから読んであげたらいいの?

生まれたばかりの赤ちゃんは、まだ目が見えません。生後5か月頃までは、赤ちゃんの聴覚や視覚が発達する時期になっています。最初の絵本との出会いは、6か月頃が適当だと思われます。この頃になると、かたちでものを認識できるようになり、人見知りも始まります。ただし、一人一人の人間に個性があるのはあたりまえ、赤ちゃんも一人一人違って当然です。出会いにふさわしい時期は、おかあさんやおとうさんが見きわめてください。

どんなふうに読んだらいいの?

「こんな小さい子にどうやって…」なんてむずかしく考えることはありません。

1.自分もいっしょに、楽しみながら読むこと

2.お子さんの反応を見ながら、ゆっくり読むこと

この二つのことを心がけてください。

絵本との出会いのためのガイドブック

『あかちゃんとお母さんのあそびうたえほん』
小林衛己子/編 大島妙子/絵 のら書店 1998
請求記号76
『あかちゃんの本棚-0歳から6歳まで-』
ドロシー・バトラー/著 百々佑利子/訳 のら書店2002
請求記号995
『えほんのせかいこどものせかい』
松岡 享子/著 日本エディタースクール出版部 1987
請求記号995
『赤ちゃんが喜ぶ読み聞かせ-絵本でスタート0歳1歳2歳年齢別読み聞かせ-』
徳永満理/著 フォーラム・A 2004
請求記号996
『心に緑の種をまく-絵本の楽しみ-』
渡辺 茂男/著 渡辺 鉄太/付記 新潮社 2007
請求記号996
『人生ではじめて出会う絵本100-あかちゃんのための50冊おとなのための50冊-(別冊太陽日本のこころ116)』
横山 真佐子/著 平凡社 2002
請求記号996
『あかちゃんの絵本箱-はじめて出会う絵本ガイド-』
こどもと本-おかやま-「あかちゃんの絵本箱」編集委員会/著 吉備人出版 2001
請求記号997
『ぼくの絵本わたしの絵本-0歳から6歳までの絵本ガイド-』
石川 道子/編・著 平田 美恵子/編・著 湯沢 朱実/編・著プランニング遊 2007
請求記号997
『母の友』
福音館書店
請求記号Z
  • としょかんのつかいかた
  • おはなしかい
  • あたらしいほん
  • おすすめのほん
  • イベントあんない
  • ぬののえほん
  • ティーンズのページ
  • リンク集
  • 前のページへ
  • ページのトップへ