法律情報データベースが利用できます

2011年7月1日

7月1日から法律情報データベース(TKCローライブラリー)が、利用者用インターネット端末で利用できます。

このデータベースでは、現行法令から過去の法令まで遡っての検索や判例、法律文献情報を横断的に調べることができます。また「判例タイムズ」、「法律時報」、「ジュリスト電子版」などの法律雑誌のバックナンバーの検索ができ、本文の閲覧ができるほか「六法全書」や法律用語辞典、法律解説の電子書籍も閲覧ができます。

市内の図書館どこででも利用できますが、同時に利用できる人数は全館で1人です。そのため市内のどこかの図書館でTKCローライブラリーを利用している人がいる場合、後の人はつながりません。

オンラインデータベースの利用方法については、はじめての方への利用資格・手続案内のインターネットによるサービスをご覧ください。

平成23年度オンラインデータベース一覧(下へスクロールしてください)

  • 前のページへ
  • ページのトップへ