「広重がくる!」特別展連携企画展示

2017年9月28日

「広重が切り取った江戸の世界〜浮世絵からみる江戸時代の旅〜」の開催について

多摩市立図書館本館では、「広重がくる!」展にあわせて、多摩市立図書館が所蔵する実物の歌川広重の浮世絵「名所江戸百景 玉川堤の花」等3点を展示するとともに、広重や江戸時代の風俗に関する本を一堂に集め、展示・貸出をします。
また、パルテノン多摩から旧富澤家住宅を通り、図書館本館まで行く多摩中央公園園路沿い等に、「広重がくる!」展の展示作品にちなんだ解説情報を印刷した案内板を設置しました。
こちらをご覧になりながら、是非、図書館本館にも足をお運びください。

展示期間:10月1日(日曜日)から10月31日(火曜日)
※休館日:10月5日(木曜日)、10月9日(月曜日)

1.名所江戸百景 玉川堤の花
2.富士三十六景 武蔵多満川
作品写真:国立国会図書館デジタルコレクション
http://dl.ndl.go.jp

多摩中央公園内 案内板

★図書館本館ティーンズコーナーで開催中の展示資料一覧★

「広重が切り取った江戸の世界〜浮世絵からみる江戸時代の旅〜」

◆東京文化財ウィーク2017 特別展「広重がくる!本物との出逢い〜江戸時代への一日タイムスリップ〜」◆について

場所:旧富澤家(多摩市落合2−35、多摩中央公園内)

日時:10月22日(日曜日) 【11時00分から15時00分】
展示資料   歌川広重「東海道五十三次」浮世絵(実物10点)
       尾形光琳「紅白梅図屏風」(複製1点)

   10月23日(月曜日)から31日(火曜日)【9時30分から16時30分】
展示資料   歌川広重「東海道五十三次」浮世絵(複製10点)
       尾形光琳「紅白梅図屏風」(複製1点)
詳しくはこちらから
http://www.city.tama.lg.jp/0000003951.html

  • 前のページへ
  • ページのトップへ