図書館のしごと

多摩市立図書館本館再構築基本構想

多摩市立図書館では、多摩市立図書館本館再構築基本構想策定委員会を設置し、平成28年6月から、本館・分館のあり方を含めた全市図書館システムの再構築と、全市の図書館サービスの充実を支えつつ、高度専門的な情報や多様な活動の場を提供する中央図書館の整備を検討してきました。
  これらを基本構想(案)としてまとめ、教育委員会において協議し、「基本構想」として決定しましたので、中央図書館整備に向けて、今後、作成を予定する諸計画全体の基本的方針とします。

多摩市立図書館本館再構築基本構想

まえがき、はじめに、構想立案の経緯

序章 「知の地域創造」のために

第一章 多摩市民の図書館のいま

1-1.多摩市の図書館のいまと図書館政策
1-2.多摩市の図書館サービスの現状
1-3.多摩市の図書館サービスの課題
1-4.多摩市の図書館政策研究の経緯

第二章 多摩市民のめざす図書館part1

2-1.「知の地域創造」のための図書館
2-2.図書館システムとしての多摩市立図書館

第二章 多摩市民のめざす図書館part2

2-3.再生まちづくりの担い手となる図書館
2-4.あたらしい多摩市立図書館全体への提言

第三章 多摩市民を支える中央図書館part1

3-1.中央図書館整備の「使命」そしてあらたに
3-2.基本的図書館サービスの深化と高度に専門化された新しいサービス

第三章 多摩市民を支える中央図書館part2

3-3.中心地区につながる開かれた中央図書館
3-4.市民協働で「もの」と「こと」のデザインを

第四章 中央図書館づくりの進め方

4-1.図書館計画に欠かせない4つの視点
4-2.資料世界構築と開架室の配架表現
4-3.大切な図書館員の専門性と職員組織づくり
4-4.機能的/快適/魅力的/経済的な施設づくり

策定委員会の経緯と構成、おわりに


【概要版】多摩市立図書館本館再構築基本構想

【概要版】多摩市立図書館本館再構築基本構想

  • 前のページへ
  • ページのトップへ