講演会「図書館が日本を救う!! ~図書館は本だけではない~」を開催しました。

  • お知らせ
  • 掲載日2022年9月12日

講演会「図書館が日本を救う!! ~図書館は本だけではない~」を開催しました。

中央図書館オープンまであと1年を切りました。この機会にもっと多くの方に図書館の魅力やさまざまな利用法を知ってもらいたいと図書館の研究者・専門家である常世田良氏(元立命館大学教授)をお招きして、8月6日(土)午後、ベルブホールで講演会を開催しました。
常世田氏は多摩市立図書館のこれまで歩みと現状を分析の上、情報環境の変化が著しい中で公共図書館に求められている役割やサービスについて、他の公共図書館や海外の事例も紹介されながら、分かり易く説明して下さいました。(課題解決サービス、司書の役割など)
参加者からは、「本を借りる」以外の図書館の機能について知ることができた、図書館サービスの広さ・奥深さが分かった、図書館を使い切るヒントを得た等のご感想をいただきました。

(講演会のようす)
講演会のようす1                 講演会のようす2

(講演会実施概要)
【会場】多摩市立永山公民館5階 ベルブホール
【開催日時】8月6日(土)午後2時~4時
【講師】常世田(とこよだ) (りょう)
(元立命館大学教授、多摩市立図書館本館再整備基本計画検討委員会委員長)
【対象】中学生以上、どなたでも
【参加者数】63人
 

tamachuoukouen 
中央図書館は多摩中央公園内に出来ます。中央右側(白いフェンス囲い)

(令和4年7月撮影)

*中央図書館についての詳細はこちらをご覧ください。
「すぐわかる!多摩市の中央図書館」(多摩市ホームページ)