第10回へなそうるのへや企画展示「渡辺茂男と多摩市の50年~未来に続け緑の種~」

  • お知らせ
  • 本館
  • 掲載日2021年10月8日

 令和3年に市制施行50周年を迎える多摩市。多摩市となった昭和40年代『もりのへなそうる』の作者である、渡辺茂男さんが多摩市に移り住みました。
 茂男さんは、多摩市に移り住む前から著作と同時に多くの翻訳を手掛けました。作家活動は平成18(2006)年にお亡くなりになるまで約50年続けられ、300冊以上のこどもの本を出版しました。

 今回の展示では、茂男さんの生涯とともに多摩市の歩みを振り返ります。

 茂男さんの息子である渡辺鉄太さんからご寄贈いただいた私物などを展示した「へなそうるのへや」については
へなそうるのへやの案内をご覧ください。

 多摩市市制50周年 図書館の取り組みについてはこちらをご覧ください。


※ 展示している本は、貸出できます。展示している本のリストはこちらをクリック

《期間》

 令和2年10月5 日(火曜日)~12月20日(月曜日)

《場所》

 図書館本館 1階 こどもとしょしつ内 へなそうるのへや

ポスターの画像